獅子魂HOMENews & Topics知恵を出し合い地区住民の結束と運営の見直しで獅子舞継承

News & Topics

知恵を出し合い地区住民の結束と運営の見直しで獅子舞継承

2014年2月18日

……………………………………………………………………………………………………………

いつも獅子魂ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

獅子魂事務局です。

先週の15日(土)の朝、いつものように北日本新聞新聞をパラパラと読んでいたところ

ふるさと風土記のコーナーに、真っ赤な獅子頭と天狗面を自然体な笑顔で囲んでお

られる男性5人の写真が目に飛び込んで来ました。

タイトルは 「住民団結 伝統守る」 

起床間もない少しぼ~っとした脳みそをたたき起こして記事を読ませていただきました。

【2月15日(土) 北日本新聞記事】

【2月15日(土) 北日本新聞記事】

記事内容によれば、富山県内の各獅子舞団体が少なからず抱えている問題の獅子

舞後継者と資金不足を地区住民の知恵と結束で運営方法を見直され、プライドを持

って継承されているとの内容。思わず記事を読み込んでしまいました。

獅子魂事務局でも、時に地元の獅子舞が休止となった地域の方とお話しさせていた

だく事がありますが、そのほとんどが若者の人手不足が一番の原因です。

しかし、今回の北日本新聞さんの記事を読み、推察するところでは、年齢を重ねた

方々だからこその知恵や結束力。また、獅子舞運営の改革を読み取れます。

富山県内で獅子舞を運営されている各地区の青年団や保存会は、あまり横のつな

がりが無い事がほとんどで、各団員が色々な問題でもんもんと悩みを抱えている状態

かと思われます。

富山県の獅子舞は、百足獅子が主流です。ダイナミックで芸術性もある反面、人手

が必要となります。そのため、他県の獅子舞団体より獅子舞伝承の困難さも大きくな

りがちです。

この様々な問題解決は、やはり知恵を出し合うに限ります。

獅子魂では、富山県内の獅子舞団体全体で様々な問題を解決できればと願ってい

ます。獅子魂ホームページでは、各団体が横のつながりを持っていただけるための

ホームページシステムを備えています。もちろん費用などはかかりません。

ぜひ、富山県全体の獅子舞をより魅力的にするためにも、獅子魂をご活用いただけ

ればと思います。

獅子魂サイトへのエントリーは簡単です。エントリーコーナーからお申し込み下さい。

獅子魂事務局が確認次第、あらためてご連絡させていただいております。

獅子魂は、獅子舞伝承数日本一の富山県の獅子舞を応援しています。

 

NEWS一覧に戻る